Difference: AlexeyBoldyrevUnicodeTest ( vs. 1)

Revision 12018-07-06 - AlexeyBoldyrev

Line: 1 to 1
Added:
>
>
META TOPICPARENT name="TWiki.WebPreferences"

***PLEASE USE UTF-8 (CHARACTER CODE) TO READ & EDIT THIS PAGE***

アトラス日本物理解析トピックのまとめ

閲覧と編�›�のどちらにもUTF-8を使って�‹さい。でないと、次�›�編�›�す�‹ときに全て文字化けします。

以�‹同じフォーマットで表になっています。

学生氏名 学年(2018.4時点) 所属大学 指導教員名 関係者(解析を一緒にやってい�‹、指導してい�‹)
  • テーマ(自由記述)(�›�新日時)
  • 代表的なトーク等あれば、そのリンク 

Working Groups

Higgs Group

Hbb

伊藤史哲 D3 筑波大 金信弘 受川史彦
  • VH, H --> b b-bar BDT, t t-bar BG との分�›� (2017.3)
野口陽平 D2 京都大 隅田土詞 増渕達也(ICEPP)
  • ZH→llbb, ttbar BG の systematics 削�› (2018.3)

加藤千�›� 卒業 東京大 川本辰男 江成祐二(ICEPP) SM VH Hbb (ICHEP 2016), VH Resonance Hbb (ICHEP 2016), SM VH Hbb (paper), VH Resonance Hbb (Paper)
  • VH, 2 lepton + jetsの終状�‹の解析。 SM Higgsだけで無く、2HDMの解釈も行ってい�‹。Dijet mass resolutionの改善に貢献中(2017.3, 2018.5)
石島�›�樹 退学 大阪大 花垣和則 山口�‹平(大阪大)
  • Run2データを使い,WH(→bb)探索。Z+bジェット�‹象を使ったbジェットエネルギースケールの研究(2018.3)

Htop

三谷貴志 卒業(予定) 早稲田大 寄田浩平 --
  • ttH multilepton including hadronic tau(2SS+tau, 2tau+jets)執筆審査中 (2018.3)
東野聡 D3 総研大 花垣和則 江成祐二(ICEPP)
  • ttH (→γγ) 高ルミノシティ化での�‹象選別の再最適化とBDTの再定義。(2018.3)
井口竜�‹�‹ D2 東京大 田中純一 江成祐二(ICEPP)
  • ttH(->bb) 感度向上を�›�指して解析�‹�‹

萩原睦人 卒業 筑波大 受川史彦 佐藤�‹二(筑波大)
  • Charged Higgs in t-bar b H+ Run-2 (2018.3)
本多俊�‹ 卒業 筑波大 原和彦 中村浩二(KEK)
  • t t-bar H,H --> b b-bar (2018.3)
永田和樹 卒業 筑波大 金信弘 佐藤�‹二(筑波大)
  • Charged Higgs in t-bar b H+ Run-1 (2017.3)

Hmumu

川口智美 D1 名古�‹大 戸本誠 堀井泰�‹
  • 2015-2017年のデータを用いたH->mumu探索を�‹�‹(2018.3)。

HBSM

臼井純哉 D1 総研大 長野邦浩 中村浩二 (KEK)
  • MSSM Higgs to tau tau、 Lep Had and/or Had Had channel、 Run-2 2016年データの解析 高い�‹�‹�量のtau同定効率低�‹の原�›�究明を中心に進め�‹予定。(2016.2)
Chiu, I-Huan D3 東京大 浅井祥仁 田中純一(ICEPP)
  • hhチャンネルを用いてH/A->tautauの探索。

森永真央 卒業 東京大 浅井祥仁 山中隆志(ICEPP) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2016)
  • lhチャンネルを用いてH/A->tautauの探索。W+jetsなどのBG estimation。b-tagカテゴリの導入。High mass領域の改善を�›�指してMET triggerカテゴリのR&D。Mass reconstruction algorithmの�‹発 (2017.3)
笠原宏太 卒業 筑波大 受川史彦 大川�‹�希(筑波大)
  • "Heavy Higgs, Higgs width, Higgs invisible ZZ BG の WZ data を用いた評価(2016.2)

HH

佐野祐太 D3 名古�‹大 戸本誠 中浜優(名古�‹大)
  • HH->4b. 2017年春�‹らexotics HH->4b group内で活�‹�を�‹�‹。従来のggF channelと�›�補的なVBF channelを新たに�‹発。グループ認知の元、2019 Moriond paperを�›�標に、主解析者としてRun2全データを使った解析を遂行中。VBF channelに特化したシグナルMCサンプル作成、感度推定、信号領域設定、トリガー研究、バックグラウンド推定など解析全般 (2018.3)
矢島和希 D2 大阪大 花垣和則 -

SUSY Group

Strong

嶺岸優司 D4 東京大 田中純一 田中純一(ICEPP)
  • Gtt, multi-top (2016.9)
佐野祐太 D3 名古�‹大 戸本誠 中浜優(名古�‹大) Paper(Moriond2017) CONF(ICHEP2016)
  • Gluino/squark search in 0L channel. Run-2 2016-2017 data analysis. Develop b-tag/veto SR to cover various models considered in 0L e.g. Gtt, pMSSM models. Develop di-boson control regions (2017.3). After the Moriond2017 paper, switched to HH->4b for his PhD thesis topic (2017.9,2018.3)
宇野健太 D2 東京大 田中純一 �‹藤智�‹(ICEPP)
  • Gluino/squark search in 0-lepton channel。Run2 データ解析。(2017.3) BDTを利用した解析をofficialにす�‹ことを�›�指してい�‹。Quark/Gluon tagging。 (2018.3)

安達俊�‹ 卒業 東京大 浅井祥仁 山中隆志(ICEPP) Paper(Moriond2017) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2016)
  • gluino and squark search in 0-lepton channel。Run2 2015年-2017年データ解析。Non-collision background estimation。BDT signal region (2017.3)
陳詩遠 卒業 東京大 駒宮幸男 �‹藤智�‹(ICEPP) Paper(Moriond 2017) CONF(ICHEP 2016) Paper(2016 Moriond)
  • gluino and squark search in 1-lepton channel。Run2 2015年末より参加。data-driven background estimation (object replacement), ttbar modeling investigation。(2017.3) 不必要に長いD論でレフリーを�‹�しめ�‹もなんと�‹卒業。 (2017.10)
  • EW gaugino search in 3-lepton channel。Run2 2015年-2016年データ解析。Matrix element likelihood discriminatorの�‹発。2016解析 ( CONF(SEARCH 2016)) におけ�‹signal regionの設定, theory uncertaintyの�‹積もり, low-mass Drell-Yan MCサンプルの作成。(2017.3)
小林大 卒業 東工大 久世正弘 山中隆志(ICEPP) Paper(SEARCH2016)
  • gluino → Z(2L)+METチャンネル、Run2データ(バックグラウンドのvalidation)。Data-driven diboson background estimation。Run1の超過は消えた(2017.3)
南�›�人 卒業 東京大 駒宮幸男 山中隆志(ICEPP) Paper(Moriond2016) PUB(2015)
  • gluino and squark search in 0-lepton channel。Run2 2015年データ解析。Fake photon estimation。data-driven Z+jets estimationの�‹発 (2016.3)

3rd Gen Squark

山崎�‹�› D3 東京大 田中純一 吉原圭亮(Penn) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2017) Analysis(Full Run2)
  • stop search in 1-lepton channel。Run2 データ解析。SR for Higgsino LSP and 4-body decay (2018.4)
YANG Yi-Lin D3 東京大 田中純一 田中純一(ICEPP)
  • stop search in 0-lepton channel. (2018.4)

小野木宏太 卒業 名古�‹大 戸本誠 中浜優(名古�‹大) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2017)
  • Stop search in 1-lepton channel. Run-2 2016-2017 data analysis. Aim is to extend sensitivity to uncovered&difficult compressed stop signals (1) Developed new b-veto SR for stop->b+chargino with small m(stop, chargino). Utilised ISR-jet tagging and large-R jet mass requirement. Public for ICHEP 2016 (2) Developing soft-lepton(+ISR) SR for Moriond 2017 (3) Interpreted on stop->b+chargino/4-body/HiggsinoLSP models where-ever soft-lepton exists in final states for Moriond2017 and LHCP2017. (2018.3).
森達哉 卒業 東京大 田中純一 山中隆志(ICEPP) CONF(ICHEP2016)
  • stop search in 1-lepton channel。Run2 2016年データ解析。MET vs. MT shape fit。Matrix element likelihoodを用いたbackground reduction (2017.3)

ElectroWeak Production

留�›�和輝 D4 東工大 陣内修 山口�‹平(東工大) EW h combined Paper(2018)
  • C1N2 production, C1->W(->l+nu)+N1, N2->h(->diphoton)+N1 channel. 解析全般を�‹�当。SUSY Photon+X & EW Wh グループ内で進めてい�‹。(2017.9記入, 2018.4追記)
赤塚駿一 D2 京都大 隅田土詞 陳詩遠, 吉原圭亮(Penn)
  • multi-lepton, low-pt lepton ID の改善(2018.3)

RPV/LL

加地俊�› D4 早稲田大 寄田浩平 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017) Analysis(Full Run 2)
  • Disappearing track analysis: Run2 data analysis, sample validation, disappearing track reconstruction efficiency measurement(data-driven) and fake estimate etc。Pixel-only track resolutionの測定。より短いトラックを使った探索。Run2 2015年-2017年データ解析。 (2018.3)
齊藤真彦 D3 東京大 浅井祥仁 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017)
  • Disappearing track search。EW gaugino productionをターゲット。Run2 2015年-2017年データ解析。解析全般を�‹�当。Pixel-only trackの�‹発(2018.3)
内田健太 D2 東京大 駒宮幸男 澤田龍(ICEPP) Analysis(Full Run 2)
  • Improvement of analysis (4 layer track, pixel + SCT). EW gaugino productionをターゲット。Run2 2015年-2017年データ解析。(2018.3)
水上淳 D2 総研大 佐々木修 音野�›俊、小林大
  • Displaced vertex search。長生きWino(R-Hadron)�‹らのdecayがdisplacedす�‹ものを�‹�う。(2018.3)

小坂井千紘 卒業 東京大 駒宮幸男 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017)
  • Disapparing track search。Strong (gluino) productionをターゲット。Run2 2015,2016年データ解析。Data preparation。Lepton background estimation。(2018.3)
本�‹和貴 卒業 東工大 陣内修 音野�›俊(九大) Paper(Moriond2017) published
  • Displaced vertex search。長生きGluino(R-Hadron)�‹らのdecayがdisplacedす�‹ものを�‹�う。Ru2 2015-2016年データ解析、特殊なMC生成�‹らBG評価まで�‹�当。(2017.3, 2018.4確認)

Exotics Group

DBL (Dibosons, Multileptons and Extra Dimensions)

救仁郷�‹�人 D4 京都大 隅田土詞 野辺�‹�也(ICEPP)
  • Di-Boson Resonance 探索: WV->lnuqq。崩壊モードに Large-R jet を含むチャンネル。Large-R jet の insitu calibration を元に boosted boson の energy systematics を改善し、探索感度を向上さ�›�‹。 (2018.3)
山谷昌大 D3 東京大 川本辰男 増渕達也(ICEPP)
  • Diboson resonanceの探索。現在は2レプトンチャンネル(ZW/ZZ->llqq)を�‹てい�‹。角度情報を使った発�‹感度の向上とスピンの決定。(2017.3)
新田龍海 D2 早稲田大 寄田浩平 寺師弘二(ICEPP)
  • VV->JJ, VBS analysis, high pT boosted V->jj study: Run2 data analysis (2018.3)

HQT(Heavy Quarks, Top and Composite Higgs)

田代�‹�也 D6 京都大 隅田土詞 Nuno Castro(LIP)
  • Vector-Like-Top quark 探索 in single VLQ-Top ("T") production。T→ Z + top(2018.3)
鈴木翔太 D3 総研大 佐々木修 青木�›�人(KEK) Paper(SummerConf)
  • ttbar resonance search, All-hadronic channel, RUN2 2015年及び2016年データの解析。 Large-R jet mass & tau32 によ�‹ top tagging �‹法と QCD background 評価等、一�‹ら全て(2017.3)

山口大貴 卒業 東工大 陣内修 Loic Valery (sub convener) main paper 派生チャンネル1 派生チャンネル2
  • 1 lepton VLQ search Ht+X channel. Run2 2015-2016年データ解析。シグナルモデリング、BG評価、信号選択最適化、リミット設定等、ほぼ全て。(2017.3記入。2017.9確認, 2018.4確認)
小林�›音 卒業 東京大 川本辰男 野辺�‹�也(ICEPP) CONFノート(Moriond 2016)
  • ttbar resonanceの1-leptonチャンネルでの探索。Run-2 2015年3.2 fb-1データでの解析。(2017.3)

JDM(Jets and Dark Matter)

JiaJian Teoh 卒業 大阪大 花垣和則 Shih-Chieh Hsu
  • "Search for dark matter produced in association with a Higgs boson decaying to two bottom quarks in pp collisions at √s=8 TeV with the ATLAS detector"。(2017.9)

UEH (Unconventional Signatures and Exotic Higgs)

調 翔平 D4 九州大 東城 順治 --
  • Search for heavy neutral lepton with a displaced vertex。Exotics WG, UEH/LLP/HNL subgroup で活�‹�中。(2018.4)

LPX (Leptons, Z', W' and LFV)

加納�‹�也 D3 東京大 石野�›�也 奥村恭幸(ICEPP)
  • Search using multi-photon signatures; H->aa->4-photonsをベンチマークとして、EMカロリメータのshower shape変数を最適化。2015+2016データで解析中。Higgs HGammaグループとのコラボレーション。(2018.3)
留�›�和輝 D4 東工大 陣内修 山口�‹平(東工大) paper paper2
  • high mass diphoton. Isolation, E/Pを用いたphoton purityの測定(2015+2016データでMoriond2017に貢献)。EEOSのexcessの調査。EEでのIsolationをtrack isolationによってrefinementす�‹。Higgs HGammaグループとのコラボレーション。→ SUSY解析へ (2017.3記入. 2017.9確認, 2018.4確認)

Top Group

Top Mass

本田卓也 D1 総研大 神前純一 --
  • Weight Function Methodを使用したTopMassの精密測定 (2016.2)

Cross section

陳 叶 D3 神戸大 山崎 祐司 清水 志真 (神戸) 前田 順平 川出 健太郎
  • Pair-produced top quark cross sections using Had-Had channel and boosted topology, 13 TeV 2015+16 data解析。Derivation, data yield check を�‹�当。2016ペーパーはもうすぐの予定なので,2017に向けた基礎的 study (track jet b-tag, track jet mass など) を�‹めてい�‹。 (2017.3)

Charge Asymmetry

木戸奨吾 D2 神戸大 藏重久弥 山崎 祐司 川出 健太郎
ttbar charge asymmetry measurement in dilepton channel, 13 TeV 2015+16 dataを用いた測定。基礎的研究�‹ら参加してい�‹、Unfold法におけ�‹系統誤差の研究を行う予定。(2017年5月)

B Physics Group

Rare Decay

<!-- ????????? -->

小林大 卒業 東工大 久世 正弘 Olya Igonkina(NIKHEF) Paper(2016)
  • τ→3μ探索。Run1での論文が出て(W→τ)、Run2での感度スタディも(新しいトリガー、HQ→τの�‹積り)。 (2017.3)

-- OsamuJinnouchi - 2016-02-19

 
This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright &© 2008-2019 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding TWiki? Send feedback