PLEASE USE WYSIWYG AT THE BOTTOM OF THE PAGE TO EDIT THIS PAGE

アトラス日本物理解析トピックのまとめ

編集にはページ下のWYSIWYGを使ってください。

以下同じフォーマットで表になっています。

学生氏名 学年 (2020.4時点) 所属大学 指導教員名 関係者(解析を一緒にやっている、指導している)
  • テーマ(自由記述)(更新日時)
  • 代表的なトーク等あれば、そのリンク 

Working Groups

Higgs Group

Hbb


野口陽平 卒業 京都大 隅田土詞 増渕達也(ICEPP)
  • ZH→llbb, ttbar BG の data driven での見積り, systematics 削減, Z の polarization を用いた感度改善, FSR correction の導入, EFT への感度測定 (2020.7)
加藤千曲 卒業 東京大 川本辰男 江成祐二(ICEPP) SM VH Hbb (ICHEP 2016), VH Resonance Hbb (ICHEP 2016), SM VH Hbb (paper), VH Resonance Hbb (Paper)
  • VH, 2 lepton + jetsの終状態の解析。 SM Higgsだけでなく、2HDMの解釈も行っている。Dijet mass resolutionの改善に貢献中(2017.3, 2018.5)
石島直樹 退学 大阪大 花垣和則 山口洋平(大阪大)
  • Run2データを使い,WH(→bb)探索。Z+bジェット事象を使ったbジェットエネルギースケールの研究(2018.3)
伊藤史哲 退学 筑波大 金信弘 受川史彦
  • VH, H --> b b-bar BDT, t t-bar BG との分離 Run-2, 論文執筆中 (2018.12)

Htop

三谷貴志 卒業(予定) 早稲田大 寄田浩平 --
  • ttH multilepton including hadronic tau(2SS+tau, 2tau+jets)執筆審査中 (2020.3)
井口竜之介 D5 東京大 田中純一 江成祐二(ICEPP)
  • ttH (->bb) 1-lepton channelでの感度向上を目指した研究。系統誤差の削減に向けた多変量解析の応用。(2021.3)
山内大輝 D1 筑波大 受川史彦 佐藤構二(筑波大)
  • Charged Higgs in t-bar b H+ Run-2 full data (2020.3)

東野聡 卒業 総研大 花垣和則 江成祐二(ICEPP) Paper
  • ttH (→γγ) 高ルミノシティ化での事象選別の再最適化とBDTの再定義。(2020.3)
萩原睦人 卒業 筑波大 受川史彦 佐藤構二(筑波大)
  • Charged Higgs in t-bar b H+ Run-2 36 fb-1(2018.3)
本多俊介 卒業 筑波大 原和彦 中村浩二(KEK)
  • t t-bar H,H --> b b-bar Run-236 fb-1(2018.3)
永田和樹 卒業 筑波大 金信弘 佐藤構二(筑波大)
  • Charged Higgs in t-bar b H+ Run-1 (2017.3)

Hmumu

川口智美 卒業 名古屋大 戸本誠 堀井泰之(名古屋大), 加納勇也(名古屋大) CONF(EPS-HEP2019), Paper
  • Run 2全データを用いてH->mumu崩壊を探索。有意度2.0sigmaの結果を得た。FSR補正の導入、H->Zy背景事象の見積もりを主導。(2021.9)

HBSM

臼井純哉 D1 総研大 長野邦浩 中村浩二 (KEK)
  • MSSM Higgs to tau tau、 Lep Had and/or Had Had channel、 Run-2 2016年データの解析 高い運動量のtau同定効率低下の原因究明を中心に進める予定。(2016.2)

Chiu, I-Huan 卒業 東京大 浅井祥仁 田中純一(ICEPP) Paper(HDBS-2018-46)
  • hhチャンネルを用いてH/A->tautauの探索。Run-2 2015-2017年データの解析。tau-IDの最適化と2-prong tauの導入。(2019.9)
森永真央 卒業 東京大 浅井祥仁 山中隆志(ICEPP) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2016)
  • lhチャンネルを用いてH/A->tautauの探索。W+jetsなどのBG estimation。b-tagカテゴリの導入。High mass領域の改善を目指してMET triggerカテゴリのR&D。Mass reconstruction algorithmの開発 (2017.3)
笠原宏太 卒業 筑波大 受川史彦 大川英希(筑波大)
  • "Heavy Higgs, Higgs width, Higgs invisible ZZ BG の WZ data を用いた評価(2016.2)

HH

林田翔太 D2 名古屋大 戸本誠 中浜優(名古屋大) 準備中のPaper
  • 大統計のhh->4b過程に着目した解析を遂行中 (Run2全データを使った新物理探索およびヒッグス自己結合への制限)。信号MC作成、Single Higgsの影響を初調査、トリガー研究など幅広く担当。解析結果を、2020年夏に公開目標 。(2020.3)

佐野祐太 卒業 (2020.3) 名古屋大 戸本誠 中浜優(名古屋大) CONF(EPS2019), Paper
  • HH->4b. 2017年春からexotics HH->4b group内で活動を開始。従来のggF channelと相補的なVBF channelを新たに開発。グループ認知の元、2019 Moriond paperを目標に、主解析者としてRun2全データを使った解析を遂行中。VBF channelに特化したシグナルMCサンプル作成、感度推定、信号領域設定、トリガー研究、バックグラウンド推定など解析全般 (2018.3)
  • hh過程で初めてVBF生成に特化した解析を開発・主導 (VVHH結合への制限および新物理探索)。解析全般にわたる(唯一の)主解析者・サポートノート著者。解析結果を、2019年7月にCONFノート(EPS2019)で公開、2020年1月にJHEPへ論文投稿。(2020.3)
矢島和希 退学 大阪大 花垣和則 -
* (2019.3)

SUSY Group

Strong

宇野健太 卒業 (2020.3) 東京大 田中純一 齋藤智之(ICEPP) Paper(2021) CONF(Moriond2019)
  • Gluino/squark search in 0-lepton channel。Run2 フルデータ解析。BDTを利用した解析(+Multi-bins)がofficialになる。
嶺岸優司 退学(D5) 東京大 田中純一 田中純一(ICEPP)
  • Gtt, multi-top, 1lepton, Still he could write his PhD thesis with 80fb-1 after going a company (2019.3) (until 2020.3).
佐野祐太 卒業 (2020.3) 名古屋大 戸本誠 中浜優(名古屋大) Paper(Moriond2017) CONF(ICHEP2016)
  • Gluino/squark search in 0L channel. Run-2 2016-2017 data analysis. Develop b-tag/veto SR to cover various models considered in 0L e.g. Gtt, pMSSM models. Develop di-boson control regions (2017.3). After the Moriond2017 paper, switched to HH->4b for his PhD thesis topic (2017.9,2018.3)
安達俊介 卒業 東京大 浅井祥仁 山中隆志(ICEPP) Paper(Moriond2017) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2016)
  • gluino and squark search in 0-lepton channel。Run2 2015年-2017年データ解析。Non-collision background estimation。BDT signal region (2017.3)
陳詩遠 卒業 東京大 駒宮幸男 齋藤智之(ICEPP) Paper(Moriond2017) CONF(ICHEP2016) Paper(2016Moriond)
  • Gluino 1-lepton: 2つの結果 (14.8fb-1/36.1fb-1)。 Data-driven background estimation ("object replacement"), ttbar modeling study。(2017.3)
  • EWK 3-lepton: Matrix element likelihood discriminator。Run2 intermediate解析 (14.8fb-1) 全般。(2017.3)
小林大 卒業 東工大 久世正弘 山中隆志(ICEPP) Paper(SEARCH2016)
  • gluino → Z(2L)+METチャンネル、Run2データ(バックグラウンドのvalidation)。Data-driven diboson background estimation。Run1の超過は消えた(2017.3)
南雄人 卒業 東京大 駒宮幸男 山中隆志(ICEPP) Paper(Moriond2016) PUB(2015)
  • gluino and squark search in 0-lepton channel。Run2 2015年データ解析。Fake photon estimation。data-driven Z+jets estimationの開発 (2016.3)

3rd Gen Squark

YANG Yi-Lin 卒業 (2021.3) 東京大 田中純一 田中純一(ICEPP) Paper(2020)
  • stop search in 0-lepton channel。Run2 フルデータ解析。DNN top-taggerの応用とBackground SFの導出
山崎友寛 卒業 東京大 田中純一 吉原圭亮(Penn) Paper(Moriond2017) Paper(Full Run2) CONF(soft b-tag)
  • stop search in 1-lepton channel。Run2 36/fb, 139/fb データ解析。SR for Higgsino LSP and 4-body decay。Soft b-taggingの開発と導入 (2020.6)
小野木宏太 卒業 名古屋大 戸本誠 中浜優(名古屋大) CONF(ICHEP2016) Paper(Moriond2017)
  • Stop search in 1-lepton channel. Run-2 2016-2017 data analysis. Aim is to extend sensitivity to uncovered&difficult compressed stop signals (1) Developed new b-veto SR for stop->b+chargino with small m(stop, chargino). Utilised ISR-jet tagging and large-R jet mass requirement. Public for ICHEP 2016 (2) Developing soft-lepton(+ISR) SR for Moriond 2017 (3) Interpreted on stop->b+chargino/4-body/HiggsinoLSP models where-ever soft-lepton exists in final states for Moriond2017 and LHCP2017. (2018.3).
森達哉 卒業 東京大 田中純一 山中隆志(ICEPP) CONF(ICHEP2016)
  • stop search in 1-lepton channel。Run2 2016年データ解析。MET vs. MT shape fit。Matrix element likelihoodを用いたbackground reduction (2017.3)

ElectroWeak Production

松澤暢生 D5 東京大 田中純一 野辺拓也(ICEPP), 陳詩遠 (ICEPP) Phase0
  • 1-lepton+jet+MET (full Run2 dataset)。 C1C1 and C1N2 production。Boosted W/Z-boson taggerの応用 (2021.3)
三野裕哉 D3 京都大 隅田土詞 生出秀行(東工大), 音野瑛俊(九大), 陳詩遠 (ICEPP) Phase0
  • Compressed 2nd wave (full Run2 dataset), mildly-displaced-track解析 (dM=0.5-3GeV), displaced hadron tagging, backgroundの理解と推定 (2022.1)
杉崎海斗 D2 東京大 奥村恭幸 陳詩遠 (ICEPP) Phase0
  • Compressed 2nd wave (full Run2 dataset), soft-track解析 (dM=1.5-5GeV) electron-channel, soft electron taggingの基礎開発 (2022.1)
  • EWK pMSSMのお仕事もやっていた (2022.1)

日比宏明 卒業 (2022.3) 神戸大 蔵重久弥 陳詩遠 (U.Penn) Phase0
  • Compressed 2nd wave (full Run2 dataset), soft-track解析 (dM=1.5-5GeV) muon-channel全般, soft calo-tag muon ("LCat muon") の開発 (2022.4)
岡崎佑太 卒業 (2021.9) 京都大 隅田土詞 野辺拓也(ICEPP), 陳詩遠 (U.Penn) Paper(2021) CONF(LHCP2021) TWiki
  • Boosted fully hadronic (full Run2 dataset) 解析全般 (2021.11)
  • Large-R jet energy/massの較正・新しいboson tagging WPの開発・較正 (2021.11)
赤塚駿一 卒業 (2020.3) 京都大 隅田土詞 陳詩遠 (U.Penn) Paper(2020)
  • Compressed 1st wave (full Run2 dataset), multi-lepton channel, fitting, limit interpretation (2020.4)
  • PromptLeptonVeto のlow-pt tune (<12GeV) 開発 (2020.4)
留目和輝 卒業 (2018.10) 東工大 陣内修 山口洋平(東工大) EW h combined Paper(2018)
  • C1N2 production, C1->W(->l+nu)+N1, N2->h(->diphoton)+N1 channel (36.1fb-1) 解析全般を担当。SUSY Photon+X & EW Wh グループ内で進めている。(2017.9記入, 2018.4追記)

RPV/LL

潮田理沙 D2 東工大 陣内修 生出秀行(東工大) Phase0
  • An extended displaced vertex search optimized for heavy flavors, tageting the Wino-Bino scenario. Started since Apr 2020 (update: 2021.9)
金恩寵 D3(退学) 東工大 陣内修 生出秀行(東工大) Phase0
  • Pixel dE/dx full Run2 data analysis. Targeting R-hadrons, charginos, sleptons using new dE/dx variables. Unblinded Apr 2021 (update: 2021.9)
加地俊瑛 D6 早稲田大 寄田浩平 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017) Analysis(Full Run 2)
  • Disappearing track analysis: Run2 data analysis。 より短いトラックを使った探索のR&D。Calorimeter-vetoによるBG削減。Run2 2015年-2018年データ解析。 (2020.3)
内田健太 D5 東京大 駒宮幸男・石野雅也 澤田龍(ICEPP) Analysis(Full Run 2)
  • EW gaugino productionをターゲット。Calorimeter-vetoによるBG削減。Run2 フルデータ解析。(2020.3)
水上淳 D2 総研大 佐々木修 音野瑛俊、小林大
  • Displaced vertex search。長生きWino(R-Hadron)からのdecayがdisplacedするものを狙う。(2018.3)

齊藤真彦 卒業 東京大 浅井祥仁 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017)
  • Disappearing track search。EW gaugino productionをターゲット。Run2 80 ifb解析。解析全般を担当。Pixel-only trackの開発。(2019.3)
小坂井千紘 卒業 東京大 駒宮幸男 澤田龍(ICEPP) Paper(Moriond20017)
  • Disapparing track search。Strong (gluino) productionをターゲット。Run2 2015,2016年データ解析。Data preparation。Lepton background estimation。(2018.3)
本橋和貴 卒業 東工大 陣内修 音野瑛俊(九大) Paper(Moriond2017) published
  • Displaced vertex search。長生きGluino(R-Hadron)からのdecayがdisplacedするものを狙う。Ru2 2015-2016年データ解析、特殊なMC生成からBG評価まで担当。(2017.3, 2018.4確認)

Exotics Group

DBL (Dibosons, Multileptons and Extra Dimensions)

藤本みのり D3 お茶大 河野能知 野辺拓也 (ICEPP)
  • Semileptonic VBS (ll+qq)。Full Run2データ。 (2021.4)
若狭玲奈 D2 筑波大 受川史彦 野辺拓也(ICEPP)
  • VBS WV→lnuJ with full Run2 data。 (2020.3)

山谷昌大 卒業 東京大 石野雅也 増渕達也(ICEPP) Paper
  • Diboson resonanceの探索。Run2 フルデータ解析。現在は0/1/2レプトンチャンネルを見ている。角度情報を使った発見感度の向上とスピンの決定。D論サブミット。(2020.3)
新田龍海 卒業 早稲田大 寄田浩平 寺師弘二(ICEPP) Paper
  • high pT boosted V->jj study, VV->JJ, VBS VV->lvjj(jj) analysis with Run2 data (36/fb) (2020.3)
救仁郷拓人 卒業 京都大 隅田土詞 野辺拓也(ICEPP)
  • Di-Boson Resonance 探索: WV->lnuqq。崩壊モードに Large-R jet を含むチャンネル。Large-R jet の insitu calibration を元に boosted boson の energy systematics を改善し、探索感度を向上させる。 (2019.8)

HQT(Heavy Quarks, Top and Composite Higgs)

田代拓也 卒業 京都大 隅田土詞 Nuno Castro(LIP)
  • Vector-Like-Top quark 探索 in single VLQ-Top ("T") production。T→ Z + top(2019.8)
鈴木翔太 卒業 総研大 佐々木修 青木雅人(KEK) Paper(SummerConf)
  • ttbar resonance search, All-hadronic channel, RUN2 2015年及び2016年データの解析。 Large-R jet mass & tau32 による top tagging 手法と QCD background 評価等、一から全て(2017.3)
山口大貴 卒業 東工大 陣内修 Loic Valery (sub convener) main paper 派生チャンネル1 派生チャンネル2
  • 1 lepton VLQ search Ht+X channel. Run2 2015-2016年データ解析。シグナルモデリング、BG評価、信号選択最適化、リミット設定等、ほぼ全て。(2017.3記入。2017.9確認, 2018.4確認)
小林愛音 卒業 東京大 川本辰男 野辺拓也(ICEPP) CONFノート(Moriond 2016)
  • ttbar resonanceの1-leptonチャンネルでの探索。Run-2 2015年3.2 fb-1データでの解析。(2017.3)

JDM(Jets and Dark Matter)

JiaJian Teoh 卒業 大阪大 花垣和則 Shih-Chieh Hsu
  • "Search for dark matter produced in association with a Higgs boson decaying to two bottom quarks in pp collisions at √s=8 TeV with the ATLAS detector"。(2017.9)

UEH (Unconventional Signatures and Exotic Higgs)

和田冴 D1 筑波大 原和彦 織田進(九州)
* Search for heavy neutral lepton in three muon final state, full run 2 data (2020.3)


調 翔平 卒業 九州大 東城順治 --
  • Search for heavy neutral lepton with a displaced vertex。Exotics WG, UEH/LLP/HNL subgroup で活動中。(2018.4)

LPX (Leptons, Z', W' and LFV)

下釜佳大 D1 早稲田大 寄田浩平 奥村恭幸(ICEPP)

* 3rd generation leptoquark in LQLQ->toptauttau with Full Run 2 Data (2020.3)

浅井香奈江 D3 お茶大 河野能知 津野総司 (KEK)
  • WW-->tau+nu散乱によるLFV探索。Full Run2データ。 (2021.4)
留目和輝 D4 東工大 陣内修 山口洋平(東工大) paper paper2
  • high mass diphoton. Isolation, E/Pを用いたphoton purityの測定(2015+2016データでMoriond2017に貢献)。EEOSのexcessの調査。EEでのIsolationをtrack isolationによってrefinementする。Higgs HGammaグループとのコラボレーション。→ SUSY解析へ (2017.3記入. 2017.9確認, 2018.4確認)

加納勇也 卒業 東京大 石野雅也 奥村恭幸(ICEPP) Paper(2019)
  • Search using multi-photon signatures; H->aa->4-photonsをベンチマークとして、EMカロリメータのshower shape変数を最適化。2015+2016データで解析。Higgs HGammaグループとのコラボレーション。(2019.6)

Top Group

Top Mass

麻田晴香 D1 名古屋大 戸本誠 堀井泰之、加納勇也(名古屋)
  • t→W(→lnu)b(→J/psi→mumu X)を使用したTopMassの精密測定 (2020.5)
本田卓也 D1 総研大 神前純一 --
  • Weight Function Methodを使用したTopMassの精密測定 (2016.2)

Cross section

陳 叶 卒業 神戸大 山崎 祐司 清水 志真 (神戸) 前田順平 川出 健太郎
  • Pair-produced top quark cross sections using Had-Had channel and boosted topology, 13 TeV 2015+16 data解析。Derivation, data yield check, covariance 計算, profiling などの correlated systematic error 計算を担当。2016 paper は 2018 になって published された。(2018.12)

Charge Asymmetry

木戸奨吾 D2 神戸大 藏重久弥 山崎 祐司 川出 健太郎
ttbar charge asymmetry measurement in dilepton channel, 13 TeV 2015+16 dataを用いた測定。基礎的研究から参加している、Unfold法における系統誤差の研究を行う予定。(2017年5月)

B Physics Group

Rare Decay

小林大 卒業 東工大 久世 正弘 Olya Igonkina(NIKHEF) Paper(2016)
  • τ→3μ探索。Run1での論文が出て(W→τ)、Run2での感度スタディも(新しいトリガー、HQ→τの見積り)。 (2017.3)

辻川吉明 D2 京大 隅田土詞 長野邦浩(KEK), 田窪洋介(KEK)  
  • BB 生成での Bell 不等式の検証。low pT muon trigger。 (2022.4)
Edit | Attach | Watch | Print version | History: r106 < r105 < r104 < r103 < r102 | Backlinks | Raw View | WYSIWYG | More topic actions
Topic revision: r106 - 2022-04-25 - ShionChen
 
    • Cern Search Icon Cern Search
    • TWiki Search Icon TWiki Search
    • Google Search Icon Google Search

    Main All webs login

This site is powered by the TWiki collaboration platform Powered by PerlCopyright & 2008-2022 by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
or Ideas, requests, problems regarding TWiki? use Discourse or Send feedback